あなたが心に留めておくべきウェブサイトのデザインの文化の違い:Semaltの概要

異なる地理的地域からのWeb訪問者は、同じ好みを持っているわけではありません。アメリカとヨーロッパの人々は、色、サイト構造、レイアウト、画像、およびウェブサイトの他の要素について異なる好みを持っています。これは、アジア人やアジア人の好みとも異なります。アフリカ人。

セマルトのエキスパートであるマックスベルは、ウェブデザインにおける文化的な好みの問題と、それが特定のサイトのウェブトラフィックに影響を与える理由を説明しています。

文化の違いは重要ですか?

Webベースのビジネスは、立ち上げから短期間で急速にグローバルな領域に拡大しています。国際市場には、すべての好みにアピールするさまざまな文化が混在しています。多様な文化からのターゲット市場の好みに対応するには、既存の多様性をより深く理解し、SEOメカニズムの適用に加えて、クロスカルチャーで識別可能なWebサイトを作成するためにそれらを統合する必要があります。

他のグループには魅力がないように見えるデザインを使用しているため、ウェブサイトのデザインは、選択した人々のグループからのトラフィックを引き付けることができます。良い選択は、SEOシステムを使用している間、ターゲットを絞ったバイヤーの大多数の好みに合うでしょう。

地元の調査は文化とウェブサイトについて何を言っていますか?

Webデザイナーのチームによる現地調査では、オランダのこの種のサイトと比較して、アメリカの歯科用Webサイトに存在する類似点と相違点を調査します。この調査では、文化とプレゼンテーションに関する重要な情報がWebに投稿されました。米国のサイトには、美しい白い歯を示す画像ギャラリーがありました。反対に、オランダはホワイトニングが好きではなく、白い歯の展示はウェブサイトに精通していません。普通の茶色の歯が一般的です。

ウェブ上での歯科治療情報の提示の違いは非常に異なっていました。タイトルも色の選択も同じでした。オランダのサイトにはフッターバーがありませんでした。米国では、より多くの証言とソーシャルメディアの使用がありました。米国が情報を提示するためにスライド映画を使用している間、オランダ人はより頻繁に営業時間を表示しました。

アメリカ人が美しさと装飾について説明する一方で、オランダのサイトにはより商業的なアプローチがあります。つまり、サイトによって作成された雰囲気に違いがあります。

科学的視点

いくつかの科学的説明には、ウェブデザインの好みを形成する5つの文化的側面のHofstedeモデルが含まれています。彼らはこの文化現象を説明しようとした。個人主義社会と集団共同体は、ウェブページの異なる表現を好む。ボタン上の画像またはテキスト、画像内の単一の個人またはグループの使用は、オンライン買い物客を分ける説明された好みの一部です。科学的研究は、オンラインの買い物客の行動に具体的な文化的証拠を公開していません。

文化的多様性の介入

SEOとは別に、オンラインストアへのWebトラフィックは、その所有者がターゲット市場を理解したときに発生します。ウェブでの少しの調査は、魅力的なレベルにサイトを構成して装飾するのを助けることができます。

国際市場をターゲットとするサイトは、SEO標準を適用する際に、文化の中立性と多言語アプローチを考慮に入れる必要があります。したがって、成功の鍵は、違いを理解し、ターゲット市場で一次調査を実施することです。